【文例あり】上司など目上の方に誕生日メッセージを送る際のポイント

上司
贈る相手は?

誕生日は、普段はなかなか言えない感謝の気持ちを伝える絶好の機会。
職場の上司や社長、取引先の人など、普段お世話になっている人の誕生日には、ぜひ誕生日メッセージを送りましょう。

しかしそこで悩むのが、メッセージの内容ですね。
目上の方には失礼のないよう言葉を選んで書く必要があります。
そこで今回は、職場の上司や社長、取引先の人など目上の人に送る誕生日メッセージのポイントや注意点を、文例と合わせてご紹介します。

目次🎁

目上の方に誕生日メッセージを送る際のポイント
【要注意】間違った敬語を使わないように!
└間違いやすい敬語表現
おすすめ文例リスト
└上司へ
└社長へ
└取引先へ
└恩師へ
└還暦を迎える方へ

目上の方に誕生日メッセージを送る際のポイント

メッセージ

・宛名を書く
相手の誕生日をお祝いするメッセージなので、しっかりと宛名を書くのがビジネスマナーです。
「〇〇さん」「〇〇部長」「〇〇社長」など、最初に宛名を書きましょう。

・送るタイミングを計る
基本的には誕生日の日の朝一、就業時間前に送るのがベスト。
休日や祝日に誕生日を迎える場合は、家族やプライベートの友人・恋人に祝ってもらっている可能性があるので、ビジネスメールでの誕生日メッセージは控えましょう。
その場合は次の出勤日に送るのが好ましいといえます。
やむを得ず誕生日メールの送付が遅くなっても、遠慮する必要はありません。気付いた時点で早めに送ることで、相手はきっと嬉しい気持ちになってくれるはずです。

・シンプル is Best
誕生日メッセージはシンプルに。お祝いの気持ちと日ごろの感謝を伝えるだけで十分。
ダラダラと書くのはあまり印象がよくありません。行数にして3~4行が適しています。

・感謝の気持ちを添える
シンプルが良いとはいえ、お祝いの言葉だけというのも味気ないもの。気持ちも伝わりませんよね。
ですから、お祝いの言葉以外、日ごろお世話になっていることや印象に残っているエピソードを添えて感謝の気持ちを伝えましょう。
今後の抱負や決意表明を簡潔に明記するのもよい印象です。

・ほかの人に見られてもOKな内容に
メッセージは、誰に見られても問題ない内容にしましょう。ご家族の方やほかの社員が見たりすることも考えられます。
飲み会での失態やあまりにもプライベートなことは書かないように気を付けましょう。

【要注意】間違った敬語を使わないように!

パソコン

目上の方への誕生日メッセージでは、敬語を正しく使うことをいつも以上に心がけて。
間違った言い回しを覚えてしまっているケースもありますので、以下で今一度確認を。

間違いやすい敬語表現

・ ×ご苦労様です  〇お疲れさまです
→「ご苦労様」は目下にあたる人をねぎらう言葉です。

・ ×了解しました  〇承知しました
→「了解しました」は敬意のないフランクな表現です。

・ ×参考になりました  〇勉強になりました
→「参考」は「自分の考えを決める際の足しにする」という意味です。

・ ×お体をご自愛くださいませ  〇ご自愛くださいませ
→「自愛する」に身体を大事にするという意味が含まれています。

いくら気持ちが込められていても、敬語の間違いはマイナスの印象を与えてしまいます。
良好なコミュニケーションで日々の仕事を気持ちよく取り組むためにも、適切な敬語の使い方をしっかり身につけましょう。

おすすめ文例リスト

ノート

では具体的には、どんなメッセージが適切なのでしょうか?

あまりフランクなのは失礼に当たりますが、かしこまりすぎた文章では定型文のような気持ちのこもっていないメッセージに見えてしまうかも。
相手と自分の関係性や、相手の性格面を見極めて、バランスのとれた正しい言葉を使うようにしましょう。

上司へ

○○さん(または役職名)
お誕生日おめでとうございます。
いつも○○さんと仕事をすることで、たくさんのことを学ばせていただいています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

社長へ

〇〇社長
お誕生日おめでとうございます
いつも最前線に立ち、仕事をなさる社長は
私たち社員の憧れです。これからも、
変わらず逞しい社長でいてください。

取引先へ

〇〇様
お誕生日おめでとうございます。
共に成長するビジネスパートナーとして、身に余る厚遇をいただき心から感謝申し上げます。
これからも御社と共に輝ける未来を創造すべく、誠心誠意努力してまいります。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

恩師へ

〇〇先生
お誕生日おめでとうございます。
時が流れるのは早く、もう○歳になられますね。
今も昔も変わらず、〇〇先生を尊敬しております。
これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

還暦を迎える方へ

〇〇様
還暦おめでとうございます。
生まれ変わりのこの年、気持ちを新たに更なる飛躍を目論んでいらっしゃることと思います。
新たな○○さんのご活躍を楽しみにしております。

 

これらはあくまでも一例にすぎません。1番大切なのは相手のことを考えながら書くこと。相手が喜んでくれる、気持ちのこもった誕生日メッセージを送ってくださいね♪

ピックアップ記事

関連記事一覧