【誕生日レシピ】豪華で簡単!? 食べられるお花で華やか!『ブーケちらし寿司』【河瀬璃菜 監修】

誕生日のレシピ

こんにちは。
料理研究家の河瀬璃菜です。

1年のどこかで必ずやってくる、大切な人の誕生日。
レストランで食事をするのもいいですが、自宅で手料理を作ってのんびりと過ごすのもいいですよね。

今回は、そんなおうち誕生日パーティーにぴったりのレシピを紹介します。

豪華で難しそうに見えるけど、実は超簡単なレシピ!
ぜひチャレンジしてみてください。
 

🎁目次🎁

【誕生日レシピ】食べられるお花を使ったブーケちらし寿司
【簡単コーディネート①】ブーケちらし寿司をもっとキレイに仕上げるコツ
【簡単コーディネート②】お花を飾ってテーブルコーディネート
└今回ご紹介したお花はこちら

 

【誕生日レシピ】食べられるお花を使ったブーケちらし寿司

今回ご紹介するのは、ごはんや卵を重ねて具材を乗せるだけの簡単ブーケちらし寿司!
お花のような可愛いちらし寿司は、テーブルがパッと華やぎます。
とっても簡単なので、お子様と一緒に作ってみるのもおすすめですよ!

【材料】(3~4人分)
・酢飯         …500g
・スモークサーモン     …100g
・とびっこ       …大さじ1
・エディブルフラワー  …適量
・ディル        …適量

A(炒り卵)
・卵           …2個
・砂糖          …小さじ1
・酒           …小さじ1
・塩           …ひとつまみ

【作り方
1.中火で熱したフライパンにAを入れ、全体を混ぜながらそぼろ状にし、炒り卵を作る。

2.酢飯の半分をセルクルに入れる

3.その上に1を乗せる

4.もう半分の酢飯を入れ、上から軽くおす。

5.サーモンをバラの形のように巻いていく。
※サーモンの薔薇の作り方は、こちらを参考にしてくださいね。

6.4を皿に出す

7.サーモン、エディブルフラワーをバランスよく飾りつけたら、とびっこ・ディルを飾って完成!

今回の具材に限らず、お好みのものを乗せていただいてOK!角切りにしたお刺身類や生ハムやアボカドなんかも合いそうですね!

 

【簡単コーディネート①】ブーケちらし寿司をもっとキレイに仕上げるコツ

●大きめの具材から飾り付けるとバランスがよくなる!

飾り付けの際の順番は、サーモン、大きめのエディブルフラワー、小さめのエディブルフラワー、とびっこ、ディルの順番がオススメ。大きめの具材で埋められなかった箇所をディルやとびっこで埋めます。

 

●いろんな型で作ってみても◎

丸型のセルクルがない場合は、長方形のものでもOKです!その際は、ごはんを入れる前に下にラップを敷くときれいに抜けますよ。

 

●1人前ずつメイソンジャーで作ってもかわいい!

今回は、おうちでのパーティー用にセルクルを使いましたが、1人前ずつ作るのもおすすめ!写真のようなweckやメイソンジャーなどのガラス瓶に詰めれば、アウトドアや持ち運びたいときにも◎
※生ものは保冷剤をつけて長時間の持ち運びはしないなど、注意してくださいね。

 

【簡単コーディネート②】お花を飾ってテーブルコーディネート

コーディネートをするときは、料理の色と同系色のお花を選ぶのがポイント!
たくさんの色がテーブルの中に混在すると、ごちゃついた印象になってしまいます。
今回は、サーモンのオレンジや卵の黄色などに合わせて暖色系のお花をチョイスしました。

🌷今回使ったお花 / イエロー&オレンジガーベラの花束
ビタミンカラーがハッピーな印象の花束! 一本ずつ飾っても場がパッと華やぐガーベラは、テーブルコーディネートでも大活躍!もらった人も、そのまま飾ったり一輪挿しにしてみたり、様々なスタイリングが楽しめます♪オレンジガーベラの花束
商品を詳しく見る:イエロー&オレンジガーベラの花束

 

 

河瀬璃菜
河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)

1988年5月8日生まれ。福岡県出身。レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐に渡る。
近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。
 
▶著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎりパン」 など
▶Blog: http://lineblog.me/linakawase/
▶Twitter:@Linasuke0508

※お花はBIRTHDAY.GIFT編集部のおすすめアイテムです

ピックアップ記事

関連記事一覧