2月の誕生花はチューリップ!花言葉やおすすめアレンジメントを紹介!

チューリップ
贈る相手は?

冬らしい寒さが続く2月。そんな2月生まれの誕生花は、チューリップです。
2月生まれに、誕生日プレゼントに誕生花のチューリップを贈ってみてはいかがでしょう。
春を迎えようとする時期にふさわしいチューリップは、きっと喜んでもらえますよ♪

今回は、チューリップの特徴や花言葉はもちろん、おすすめの飾り方やアレンジメント方法についてご紹介します。
あわせて年齢別に見るおすすめのチューリップの色もご紹介しますので、ぜひ誕生日に贈るフラワーギフトの参考にしてくださいね。

目次🎁

2月の誕生花「チューリップ」ってどんな花?
└可憐なフォルムがかわいらしい♡ 幼い頃から親しみのあるチューリップ
└色ごとにそれぞれ花言葉が異なる!?チューリップ花言葉
2月の誕生花・チューリップのおすすめの飾り方
└チューリップを飾る際の注意点は?長く楽しむためにできること
チューリップのおすすめアレンジメントは?色選びのコツは?
└香りのある花やグリーンと合わせるのがおすすめ
└若い人への誕生日プレゼントならポップな色合い
└大人な人への誕生日プレゼントならシンプルな色合い

2月の誕生花「チューリップ」ってどんな花?

赤チューリップ

可憐なフォルムがかわいらしい♡ 幼い頃から親しみのあるチューリップ

丸みを帯びたものからフリル状のもの、細く尖ったものなどさまざまな花びらの形状を楽しむことができるチューリップ。
いずれも可憐な見た目がかわいらしく、赤や黄・白や青などカラーバリエーションも豊富です。

そんなチューリップはユリ科の多年生植物で、観賞用として1863年に日本に伝わりました。
ウコンのような苦味のある香りから、当時は「鬱金香(うっこんこう)」とも呼ばれていたのだとか。
子どもの頃に口ずさむ童謡にも登場し、学校の校庭にもよく植えられていることから、多くの方にとって親しみのある花なのではないでしょうか。

色ごとにそれぞれ花言葉が異なる!?チューリップ花言葉

2月の誕生花・チューリップの花言葉は、「愛の告白」「思いやり」「名声」など。
ただ、チューリップの花言葉は色によって異なり、赤色は「「真実の愛」、黄色は「名声」や「実らない恋」、ピンク色は「愛の芽生え」、白色は「純真」などの意味が込められています。
贈る相手の印象だけでなく、相手に対する気持ちも込めて色を選ぶとよいかもしれませんね。

2月の誕生花・チューリップのおすすめの飾り方

アレンジメント

チューリップのおすすめの飾り方は、切り花にしてガラスの花瓶で飾る方法です。
一輪挿しにするのもよし、ランダムに飾るのもよし、透明のガラスの花瓶に飾ることでチューリップの可憐さが際立ちます。

また、花首を花瓶の高さにくるようにカットして飾ると、モダンな印象に仕上がります。

チューリップを飾る際の注意点は?長く楽しむためにできること

チューリップを長く楽しみたいなら、葉は取り除いて飾るのがおすすめです。
水に浸かった葉にはバクテリアが繁殖しやすいため、注意しましょう。
ただ、チューリップは葉もかわいらしい植物です。そのため、「葉も一緒に飾りたい」という場合は、下のほうの葉だけ取り除いて飾るとよいでしょう。

チューリップのおすすめアレンジメントは? 色選びのコツは?

花束

2月生まれの方への誕生日プレゼントとして誕生花のチューリップを贈るなら、花束で贈るほかにアレンジメントもおすすめです♪
アレンジメントであればそのまま飾れるため、相手に手間がかからないメリットがあります。
贈る相手にふさわしい花色でまとめることで、より喜んでもらえるでしょう。

おすすめのアレンジ方法や色選びのコツは、以下の通りです。

香りのある花やグリーンと合わせるのがおすすめ

チューリップは、香りが強くない花です。
そのため、誕生日プレゼントとして贈るなら香りのある花と合わせるのがグッド◎
気分が高まるようなよい香りのする花を選びましょう。
また、グリーンと合わせると、チューリップの花が映えておすすめです。

若い人への誕生日プレゼントならポップな色合い

10代や20代前半など若い年齢層の方には、明るいイメージのポップな色合いがおすすめです。
赤やピンク、オレンジや黄色などカラーバリエーションのあるアレンジメントでまとめてみて。

大人な人への誕生日プレゼントならシンプルな色合い

20代後半や30代以降など落ち着いた年齢層の方には、シンプルな色合いがおすすめです。
赤やピンク、白や青色で統一されたチューリップにグリーンを合わせてシンプルにまとめることで、スタイリッシュに仕上がります。

ピックアップ記事

関連記事一覧