花言葉クイズ!花の女王「バラ(赤)」

フラワーギフトに用いられる花の中でも、特別なシーンによく用いられるのが赤いバラです◎エレガントでゴージャスな印象のある赤いバラ。ここでは、そんな赤いバラの特徴や花言葉についてご紹介します。

■バラってどんなお花?

見た目の美しさだけでなく上品で甘い香りも魅力的なバラは、多くの人々に愛されています。古代ローマの時代にも、バラで作った香油を愛好していたという記録が残されているほど◎
また、バラには多くの言い伝えが残されており、美の女神ヴィーナスの涙から生まれたという説も。こうした言い伝えも、その美しさに魅了された人々によって生み出されたものかもしれません。古くから、バラは人々とって特別な花だったようですね♡

■あなたは知っている? バラ(赤)の花言葉は?

赤いバラの花言葉は、以下のabのうちどちらでしょう?フラワーギフトにもよく用いられていることを考えると、少し簡単すぎるかもしれませんね♡

a.「愛」
b.「憎悪」

答えはこちら【クリック】

■赤いバラは「愛の告白をしたい彼女」へ贈るのがオススメ♡

その美しい見た目や香りは、女性に大人気♪好きな女性に想いを伝えるのにぴったりなお花です♡告白やプロポーズはもちろん、結婚記念日など愛を確かめ合いたい日に贈ってみてはいかがですか?

 

【花言葉クイズの答え】

正解は、aの「愛」です♡bの「憎悪」は、オレンジ色のユリの花言葉。
そもそもバラは、色と本数によって花言葉が変わります。例えば、白のバラは「純潔」、ピンクは「おしとやか」、黄色は「友情」という意味が込められているのだとか◎これは本数も同じで、1本であれば「あなたしかいない」、2本は「この世界には2人だけ」、12本なら「私と付き合ってください」という意味があります♪

●バラの花言葉の由来は?
バラは愛と美の象徴と考えられていて、古くから“想う人への気持ちを伝える花”として用いられてきました。これに由来して、「愛」に関する花言葉が付けられています。ただし、細やかな意味合いは色と本数によって変わるので覚えておきましょう◎

●動画もチェック

花言葉クイズの続きに戻る【クリック】

ピックアップ記事

関連記事一覧