還暦祝いはいつするのがベスト?失敗しない祝い方を解説!

贈る相手は?

両親や仕事でお世話になった人が還暦を迎えると、還暦祝いの話題が出てくることがあるでしょう。

還暦は最初に迎える長寿祝いなので、盛大にお祝いしたいもの。そこで今回は、還暦祝いはいつ行うのがベストなのか、祝い方やプレゼントのアイデアをご紹介しますね。

■還暦祝いはいつするもの?

還暦は数え年が61のことであり、61歳の誕生日を迎えた人が還暦にあたります。ちょうど自分の生まれた年の干支になるので、「また赤ちゃんに還って第二の人生が始まる」ということから「還暦」という名前がつけられました。
還暦祝いをいつ行うべきかは厳密に決まっていません。現代は節目のいい数字として、60歳の誕生日にあわせてお祝いする人たちもいますし、年末年始やお盆などでお祝いすることもあります。家族や親戚が集まってお祝いするなら、集まりやすい日にお祝いするといいでしょう◎

■還暦の祝い方は地域や人によって違う!?

還暦の祝い方は地域や人によって違う!?
還暦の祝い方は地域や世帯など、還暦を迎えた人を取り巻く環境によって変わります。

最近では「還暦プラン・コース」などのサービスが用意されているレストランや旅館などもあり、お祝いする人たちの人数にあわせて計画する人もいます。また、外出せずに自宅で家族・親戚・友人が集まってお祝いするスタイルもあります。

外出して違う環境で過ごしたい、身内で落ち着いて過ごすのがいい、など還暦祝いをどう迎えたいかは人それぞれ違います。主役が喜んで過ごせる祝い方を考えるといいでしょう。

■還暦祝いのプレゼントは「赤」を意識したものを

還暦祝いのプレゼントは「赤」を意識したものを
一般的に還暦祝いのプレゼントは「赤」を基調としたものがおすすめ。赤色の理由は、還暦はもう一度赤ちゃんに戻るということで、昔の赤ちゃんがよく来ていた赤色の産着からきています。また、赤には魔除けの力が宿る色とされており、新しい人生が安泰することを願った色でもあるんです。

還暦祝いの王道のプレゼントは「赤いちゃんちゃんこ」。
ちゃんちゃんことは、子どもが羽織る袖のない着物のこと。赤ちゃんに戻る還暦の由来にちなんだ、遊び心あふれる贈り物といえます。

しかし、還暦は人生の節目ともいえる大事な年なので、ちゃんちゃんこだけでは物足りないかもしれませんね。そこで、労いや感謝の気持ちをこめて花も一緒にプレゼントしてみてはどうでしょうか?鮮やかな花のプレゼントに、還暦の思い出も彩り豊かなものとなるはず。

還暦祝いにふさわしいおすすめのフラワーギフトをご紹介します。

《60本のバラの花束 ハッピーローズ・セレクション》

《60本のバラの花束 ハッピーローズ・セレクション》

https://www.i879.com/products/catalog-detail/categoryId/yv00/productCd/000991

ハッピーローズ・セレクションは、満60歳にちなんだ60本の真っ赤なバラの花束。花束は還暦カラーの赤いラッピングで包まれています。まさに還暦祝いにぴったりのプレゼント! お花は写真を撮ったり、押し花やドライフラワーにして一部を残したりすれば、還暦祝いの思い出の品として残すことができます。

詳細はこちら:「ハッピーローズ・セレクション 60本の赤バラの花束」

■還暦祝いは形よりも気持ちが大事

還暦祝いは古くから日本に伝わるお祝いです。伝統的行事なので、祝い方やしきたりは昔ながらのものにこだわるべきかと悩んでしまう人もいるかもしれませんね。けれども、一番大切なのは主役の還暦を心から祝いたいという気持ち!

「〇〇料理が好きだからあのレストランに行こう」「遠方にいる親戚や孫も集めて、にぎやかな時間にしよう」など、主役のことを思う気持ちこそが還暦祝いが成功するポイント!1人で考えるよりも、家族や親戚などと一緒にプランニングするといいアイデアがたくさん出てくるかもしれません。
お祝いされる人もする人も、みんなが笑顔になる素敵な還暦祝いを迎えられますように!

ピックアップ記事

関連記事一覧