喜寿だからこそのプレゼント。由来から選ぶプレゼントをご紹介

喜寿だからこそのプレゼント。由来から選ぶプレゼントをご紹介
贈る相手は?

日本には昔から、長寿をお祝いする風習があります。

その中でも77歳を迎えた際の喜寿(きじゅ)祝いは、70歳をお祝いする古希祝いと連続して迎える長寿祝いです。あまり機会も多くないお祝いの席ですから、どんなプレゼントがいいのか、悩む人が多いのではないでしょうか。

そんな人のために、今回は喜寿の由来やお祝いの色、予算相場やお祝いのタイミングまで徹底解説します。さらにはおすすめのプレゼントと、おすすめしないプレゼントもご紹介します。

これを読めばきっと大切な方の喜寿に、素敵なお祝いができるはずです。

🎁目次

①喜寿とは?
②予算の相場
③お祝いのタイミングは?
④選び方とおすすめプレゼント紹介
└紫を取り入れたプレゼントを選ぼう
└性別やライフスタイルに合わせて選ぼう
└一緒に過ごせる時間をプレゼントしよう
⑤まとめ

喜寿とは?

そもそも喜寿とは何なのか、今一度おさらいしましょう。

還暦は60歳、古希は70歳と続き、喜寿は77歳を迎えた際の長寿祝いを指します。ただ、還暦祝いや古希祝いに比べ、喜寿祝いについて知っている人が少ないのが現状です。これはなぜなのでしょうか?

実はその理由は、長寿祝いのルーツに隠されていました。還暦や古希は、もともと中国がルーツとなっている長寿祝いです。当時の慣習や詩人の言葉が由来となって、日本だけでなく中国でも祝われている、古くから伝わる祝い事なのです。
その一方、喜寿は実は、日本が発祥とされている長寿祝いです。一説によると、室町時代の終わり頃から行なわれるようになったそうです。当時の平均寿命は40歳程度といわれているので、77歳まで生きる人は珍しい状況だったため、お祝いし始めたのだと思われます。

ちなみに喜寿という文字は「喜」の草書体に由来します。「喜」という文字は草書体にすると「㐂」(七十七)と読めるため、「喜」という文字が使われるようになったのだそうです。

テーマカラーは古希と同じく、紫です。

予算の相場

古希祝いの際に贈るプレゼントの平均予算は、10,000円〜30,000円が相場のようです。ただ、これは相手が祖父母なのか、父母なのか、親族なのか、恩師や先輩なのかによって差があります。

たとえば孫から祖父母へのプレセントの場合、あまり高額なものを贈ると心配をかけてしまうため、予算相場は1,000円〜5,000円ほどでしょう。親族へのプレゼントの場合は5,000円〜10,000円ほどが相場です。恩師や先輩へのプレゼントの場合は、10,000円〜30,000円のプレゼントを贈る人が多いようです。

お祝いのタイミングは?

喜寿祝いは還暦祝いや古希祝いと同じく、必ずしも誕生日当日に祝う必要はありません。とはいえ、食事や旅行のように日程を合わせてプレゼントを贈る場合は、誕生日に合わせて開催することでより一層思い出深いイベントとなるでしょう。

親族を集める場合には、お正月やゴールデンウイークなどの休みを合わせやすい時期にお祝いするケースも多いようです。

選び方とおすすめプレゼント紹介

ここからは、喜寿祝いに贈るのにおすすめのプレゼントをいくつかご紹介します。

紫を取り入れたプレゼントを選ぼう

喜寿祝いのテーマカラーに合わせて紫を取り入れたプレゼントを贈る方は多いですが、どのようなものが喜ばれるのか迷う方もいるでしょう。ここでは、紫を取り入れたおすすめのプレゼントをご紹介します。

お花

お花

ピンクユリのアレンジメント / 花キューピット

喜寿祝いの贈りものに一番おすすめなのは、お花です。お花は男女問わずもらって嬉しいものですし、何よりお祝いの場が華やかになります。

「花キューピット」のフラワーアレンジメントは、喜寿のテーマカラーである紫をあしらいつつも、やわらかくて上品な雰囲気を醸し出しています。ピンクユリをメインにを使い、華やかながらもきれいにまとめられています。

アレンジメントタイプであればもらってそのまま家に飾ることができるため、相手の負担になることもありません。

ワイン

ワイン

ブルゴーニュ・パストゥーグラン / ENOTECA

お酒好きな方であれば、お酒の贈りものもおすすめです。ワインを贈る場合は、紫に近い赤ワインを選びましょう。紹介している「ブルゴーニュ・パストゥーグラン」は、熟したラズベリーやブルーベリーなどのアロマにイチジクやプルーン、紅茶や腐葉土などの複雑な香りが混ざった、まさに至極の赤ワインです。

口当たりはとてもやわらかくて上品なので、飲みやすいのも特徴です。旨味とコク、酸味のバランスがとれており、ワイン好きもきっと納得する一本でしょう。

性別やライフスタイルに合わせて選ぼう

性別やライフスタイルに合わせて、プレゼントを選ぶのも良いでしょう。

お酒

お酒

天の戸 純米大吟醸45&美稲セット / 口上人本舗

お酒好きな方には、年配世代にも好まれる日本酒をプレゼントするのがおすすめです。

こちらの日本酒ギフトは、天の戸を代表する美稲と、純米大吟醸45の呑み比べが楽しめるセットです。

「酒は田んぼから生まれる」を信条に醸した芳醇旨口純米酒の美稲は、日本酒本来の山吹色が美しく、生産者の顔が見えるように農家の24人の写真と名前が裏ラベルに記載されています。純米大吟醸45は「気軽に楽しめる純米大吟」として知られており、味わい深い飲みごたえとすっきりした後味が特徴的です。

陶器

陶器

ざぶとん丸小皿 青 陶器 宮崎和佳子 / 和食器・作家のうつわ通販 うちる

お料理好きな方や食器集めが好きな方には、食器のプレゼントもおすすめです。

もうすでに一通り揃っている家庭が多いはずなので、定番アイテムではなく少し個性的なアイテムをプレゼントするのが良いでしょう。

たとえば、こちらはざぶとんのような立体感が愛らしい丸小皿です。浅漬けやおつまみ、豆大福やみつ豆などさまざまな料理を載せるのにぴったりです。

小皿は何枚あっても助かるなので、可愛らしいアイテムをプレゼントしたらきっと喜ばれるでしょう。

趣味に関係するもの

たとえばガーデニングが趣味の方にはお花の種をプレゼントしたり、裁縫が趣味の方には裁断バサミをプレゼントしたりと、趣味に関係するものをプレゼントするのも素敵です。「あなたのためを思って選びました」という気持ちが、伝わりやすいでしょう。

アクセサリー

アクセサリー

パールネックレス / ジュエリーミュージアム

女性の方が喜寿を迎えたのなら、素敵なジュエリーをプレゼントするのもおすすめです。

どんなシーンでも使うことができるよう、シンプルなアイテムを選ぶようにしましょう。
このパールネックレスはアコヤ真珠とダイヤモンドが贅沢にあしらわれており、高級感のあるプレゼントを贈りたい方にはぴったりなアイテムです。77歳という大人の女性のファッションも邪魔をしない、スマートなデザインです。

ストール

ストール

ランダムストライプ ストール / JANE MORE

おしゃれが好きな方であれば、ファッションアイテムをプレゼントするのもおすすめです。特に紫にこだわる必要はありません。

たとえばストールなど顔周りにあしらうアイテムを選ぶ場合は、顔が華やかになるように、明るい色を選ぶのが良いでしょう。

一緒に過ごせる時間をプレゼントしよう

時間の価値は非常に高いものです。
心に残るように家族で一緒に過ごせる時間をプレゼントするのもおすすめです。

食事

長寿祝いで食事会を自宅で開く人は多いですが、せっかくならレストランやホテルのディナーをプレゼントしてみるのも良いでしょう。家族や親族も招いて食事会を開催すれば、喜寿を迎えた方以外の思い出にもなります。

最近では長寿祝い用のコースを用意しているところもあるので、まずはお店と相談するのが良いでしょう。

旅行

喜寿を迎えた方の思い出の場所に行くなど、旅行をプレゼントするのも素敵です。予算はある程度かかってしまいますが、忘れられない思い出になるでしょう。

贈らない方がいいプレゼントは?

弔事に使われる日本茶や、縁起が悪いとされるクシなどのアイテムは避けましょう。

年寄り扱いしているように映ってしまう、老眼鏡などもあまりおすすめではありません。

まとめ

喜寿祝いの贈りものには、手紙も添えて日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

もし準備の時間がなかったり、贈りものに迷ったら、誰しも喜ぶお花をプレゼントすれば大丈夫です。感謝や労いの言葉と一緒にお花をプレゼントすれば、きっと素敵な喜寿祝いになるでしょう。

家族全員で集まること自体がとても喜んでもらえることでしょうから、みんなで祝えるような席をできるだけ用意するようにしましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧