お母さん(お義母さん)の誕生日プレゼントに、美しい日本の焼き物3選

さまざまな日本の焼き物
贈る相手は?

 

大切なお母さん(お義母さん)へのプレゼントでおすすめしたいのが、食卓を華やかに演出してくれる「食器」。そこで今回は、“日本三大焼き物”として知られる「美濃焼(みのやき)」「有田焼」「瀬戸焼」をご紹介します。それぞれの特徴とブランドも解説しますので、プレゼント選びの参考にしてみてください♪

目次🎁

「美濃焼」―特にお料理好きなお母さん(お義母さん)に♪
└美濃焼とは?
└美濃焼の特徴
└美濃焼の有名ブランド・窯元
「有田焼」―美しい絵柄はインテリアにもおすすめ◎
└有田焼とは?
└有田焼の特徴
└有田焼の有名ブランド・窯元
「瀬戸焼」―可愛いが好きなお母さん(お義母さん)に!
└瀬戸焼とは?
瀬戸焼の特徴
└瀬戸焼の有名ブランド・窯元

「美濃焼」―特にお料理好きなお母さん(お義母さん)に♪

焼き物マーケット

美濃焼とは?

「美濃焼」は、日本国内で最も使われている焼き物です。その生産量は日本一!国内で生産される陶磁器の、半数以上が美濃焼です。美濃焼は、国内最大の陶磁器生産拠点・岐阜県の美濃地方(多治見市や土岐市など)で作られています。

美濃焼の特徴

美濃焼の特徴は、自由な発想から生み出される形状と色彩。そのデザインの幅広さから、“特徴がないことが特徴”ともいわれる焼き物です。

美濃焼の有名ブランド・窯元

①志野
長い歴史と伝統を誇る「志野」は、美濃焼の代表ブランドのひとつ。美濃地方で採れる白土を使っており、ほのかな薄紅色の器が多く見られます。温かな雰囲気がお料理の魅力をぐっと引き立てます♪お料理好きなお母様にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

②織部
深い緑色が目を引く「織部」は、同じ文様の器はひとつとしてない焼き物です。芸術性が高く、鑑賞用の器としても人気を集めています◎

「有田焼」―美しい絵柄はインテリアにもおすすめ◎

カラフルな深皿の焼き物

有田焼とは?

「有田焼」とは、佐賀県・有田町とその周辺地域で生産される焼き物の総称です。この呼び名が定着したのは明治以降のこと。それまでは「伊万里焼」もしくは「肥前焼き」と呼ばれていました。
ヨーロッパを中心とした海外でも人気があり、世界で最も有名な日本の焼き物でもあります。

有田焼の特徴

最大の特徴は、真っ白で艶やかなベースにあしらわれた、鮮やかな色彩の文様。熟練の職人さんが手がける有田焼は、もはや芸術作品といえます。また、有田焼は1300度の超高温で17時間以上かけて焼き上げるので、とても硬く、耐久性があります。

有田焼の有名ブランド・窯元

①柿右衛門
柿右衛門は、およそ370年の歴史を誇る有田焼の代表的な窯元。色絵磁器の最高峰とも呼ばれています。
鮮やかな色彩の文様を初めて描き、焼成に成功させたのがこの蔵元だといわれています。この最高級の焼き物は、“ホンモノの価値”を知っているお母さん(お義母さん)にプレゼントすると喜ばれるでしょう。

②源右衛門窯
上記の柿右衛門を含めた「有田の三右衛門」のひとつとして知られる「源右衛門窯」。伝統と格式を守りながらも、現代のライフスタイルに合った作品を創成している窯元です。
鮮やかな色使いが人気で、海外のアンティーク食器のようなものも。感度の高いお母さん(お義母さん)におすすめです◎

「瀬戸焼」―可愛いが好きなお母さん(お義母さん)に!

落ち着いた色合いの瀬戸焼

瀬戸焼とは?

一般的に陶磁器は「せともの」と呼ばれます。その言葉の由来となったのが、この愛知県・瀬戸市発祥の「瀬戸焼」。もともとは中国から伝えられた焼き物で、美濃焼と同じくふだん使いしやすいアイテムです。違いとしては「ツルッとした光沢」という魅力があげられます。

瀬戸焼の特徴

素焼きの段階で「釉薬(ゆうやく)」を塗るのが瀬戸焼の特徴。釉薬は焼成すると器の強度を高め、艶やかなガラス質の表面に変化する働きをします。そのため、瀬戸焼は滑らかな手触りで、洗礼された印象を持ちます。
アンティークテイストな作品も多く、おしゃれで可愛い食器も充実しています◎

瀬戸焼の有名ブランド・窯元

①瀬戸本業窯
250年続く瀬戸焼の老舗窯元。“毎日使いたくなる日常の器”をコンセプトに、使いやすいアイテムが豊富に揃っています。飽きのこないシンプルなデザインの食器が多く、盛り付ける料理を選びません。

■お母さんに贈りたい誕生日プレゼントの関連記事はこちら!
>>母の誕生日プレゼントには「旅行」を!9つのおすすめプランを紹介!

ピックアップ記事

関連記事一覧