ピンクのバラに合わせる!おすすめ花材Part3

フラワーブーケを上手に作るポイントは、さまざまな色のお花でまとめること。
全く同じ色で統一させるよりも、遊び心やサプライズ感を演出できます♪
今回は、ピンクバラを主役に、もう2色のバラを組み合わせたブーケの作り方をご紹介。
お花の組み合わせによって変わる「印象」にもご注目ください♡

目次🎁

フラワーブーケに使うお花一覧
└ピンクバラ
└他の色のバラ
フラワーブーケの作り方
「30~40代女性」へのプレゼントにおすすめ

■フラワーブーケに使うお花一覧

【ピンクバラ】
特徴:1本の茎に1輪の大きな花をつけます。見た目のゴージャスさから、花束の主役として人気の品種です◎
香り:甘く、上品な香りです。
花言葉:上品・かわいい人・美しい少女・愛の誓い

【他2種のバラ】
今回使用するのは、定番の赤色と、やや濃い目のピンク色です。
ピンクバラが主役なので、赤やピンク系統の色であれば何色でもOK◎
少なくとも1本は、発色のよいカラフルなものを取り入れるようにしましょう!

■フラワーブーケの作り方

STEP1:バラの余分な葉っぱとトゲを取り除きます。

POINT:持ち手の邪魔にならない程度に葉っぱを取り除きましょう◎

STEP2:花材をちょうどよい長さにカットし、まとめます。

POINT:2本のピンクバラは中央へ、3本のバラは三角形をイメージして配置します。

STEP3:麻ひもで結び、余分な根元をカットすれば完成です♪

■「30~40代女性」へのプレゼントにおすすめ

とてもゴージャスな印象を与えてくれるバラのブーケ。その華やかさから、30代~40代の女性へのプレゼントにぴったりです♡
ピンク1色のブーケも素敵ですが、あえて他の色を組み合わせるのもテクニックのひとつ。
何本か違う色が混ざるだけで、ブーケ全体の印象が大きく変わります♪
慣れないうちは、同じ系統の色で揃えると作りやすいかもしれませんね◎
また、ブーケに複数の花色を取り入れる場合は、1本〜2本だけカラフルな色をチョイスするのがおすすめ!
全体のカラーバランスを見ながら配色と配置を整えつつ、チャレンジしてみましょう♡

動画監修

小西 拓小西 拓

石川県在住、フラワーデザイン競技会グランドチャンピオン選手権・2018年度優勝者。実家が花キューピット加盟店で、ご両親の世代から花屋を生業としている。 大学卒業後はJFTDの専門学校に入学し、花屋を開業するために経営や技術・ノウハウを習得する。季節の花を用いることを大切にし、茎も葉もすべてが花の一部であり命あるものとして捉え、花の可能性を探っている。

ピックアップ記事

関連記事一覧