友達や恋人の誕生日プレゼントにおすすめ!アクセサリーの意味を種類別に解説

友達や恋人の誕生日プレゼントにおすすめ!アクセサリーの意味を種類別に解説
誕生日を楽しむアイデア

記念日プレゼントの定番の一つであるアクセサリー。ネックレスやペンダント、ピアスやイヤリングなど、その種類は様々です。アクセサリーは贈る種類によって意味が異なり、その意味を知った上で贈ることで、より想いのこもった誕生日プレゼントになるでしょう。
 

誕生日プレゼントにアクセサリーをプレゼントしよう!

アクセサリーは身につけるものであり、相手の趣味に合わない・相手がアクセサリーを身につけないような場合でも無い限り、衣服類と比較しても貰って困るものではありません。そのため、誕生日プレゼントとしてアクセサリーを贈るのは、相手にとって困るものではないといえるでしょう。
 

誕生日プレゼントにピッタリなアクセサリーの意味と種類

アクセサリーには、それぞれ種類によって贈る際の意味が変わります。わかりやすい例では、指輪などは結婚指輪など、愛を伝える意味合いで贈られることが多いアクセサリーです。意味を知った上でプレゼントするアクセサリーを選ぶことで、より喜んでもらえるでしょう。ただし、前述の通り指輪は「愛を伝える」という意味があるように、選ぶ種類を間違えると相手が間違った意図で受け止めてしまったり、「重いプレゼント」として抵抗感を与えてしまう可能性があるため、注意が必要です。
 

ピアス

プレゼントとして贈るピアスは、「どこに居ても自分の存在を感じていて欲しい」という意味を持ちます。そのため遠距離恋愛であったり、仕事などの関係でどうしても離れている時間が多い恋人へのプレゼントに適しています。意味合い的には少々独占欲が強く感じられるような重い意味に受け取られてしまう可能性もありますが、「離れていても友達」という意味合いで、引っ越しする相手への誕生日プレゼントとして贈るのもありでしょう。

イヤリング

イヤリングの意味は、基本的にはピアスと同じです。ただしアクセサリーの意味として共通する部分に、「輪になっているものは永遠・独占」というのがあります。両想いと確信できる場合や、両想いまでもう一押しといった場合は、イヤリングを贈ることで相手との距離がぐっと近づくでしょう。

イヤーカフ

ピアス・イヤリング同様に耳につけるアクセサリーであるイヤーカフは、上記二種と同様の意味を持ちます。違いとしては、イヤーカフは上記二種と比較すると気軽に身につけられるアクセサリーであるため、相手に身につけてもらう目的であれば、イヤーカフの方が適しているといえるでしょう。

ネックレス

ネックレスは輪状のアクセサリーであり、首につけるため、イヤリングなどと比べるとより強い意味を持っています。そのため、「あなたとずっと一緒に居たい」「あなたは私だけのもの」といった意味があります。カップルや夫婦間でのプレゼントにぴったりですね。

ペンダント

ペンダントに関しても、ネックレスと同様の意味を持ちます。プレゼントとして贈る際には、ネックレスとどちらか好みの方を選ぶと良いでしょう。

リング

リングは、結婚指輪を代表として基本的に愛の告白を意味するアクセサリーであり、輪状であるため永遠などを意味しています。結婚指輪のイメージから愛を伝える印象が大きく、プレゼントとしてはかなり重い部類であるといえるでしょう。ただのプレゼントとして贈る場合は、ペアリングや結婚指輪とは方向性の違う見た目のリングを選ぶと良いでしょう。

ブレスレット

ブレスレットも同様に輪状であるため、束縛や永遠を意味します。腕につけるブレスレットは手錠のようにも見えるため、独占欲を表すことが多いといえるでしょう。更に、ブレスレットはその太さによって束縛度合いが変わるとされ、太い程強い束縛感情を意味しています。
 
ブレスレットが欲しいという要望があった時はおすすめですが、友人に贈るなら他のアクセサリーが良いかもしれませんね。
ただ、友人に似合いそうな素敵なデザインのブレスレットを見つけた際に、意味を考えすぎてプレゼントできないのはもったいないように思います。ブレスレットをプレゼントで選んだ理由を伝えれば重く受け取られることはないでしょう。

腕時計

最後に腕時計についてです。「恋愛的な意味合い」と「経済的な意味合い」の2つがあります。
恋愛的な意味としては、輪状であるため永遠と束縛、そして時計は時間に関係しているため、「あなたと一緒の時間を過ごしたい」「どんな時でも自分を想って欲しい」といった意味があります。
 
経済的な意味合いとしては、古くから腕時計は経済力をアピールするためのアイテムという側面があり、高級腕時計を身につけていることが高収入の証とされています。そのため、センスが合わないだけでなく、安っぽい腕時計の場合は相手につけてもらえない可能性があるため、プレゼント選びの難易度は高いといえるでしょう。
 
腕時計
 

誕生日プレゼントにアクセサリーを選ぶポイントと注意点

意味のあるプレゼントをする際にやりがちなのが、プレゼントの意味を重視しすぎて相手が喜ぶ物を選べていないという問題です。他にもアクセサリーをプレゼントとして選ぶ際には、様々な注意点があります。解説していきましょう。
 

贈る相手の年齢や性別に合わせて選ぶ

身につけるものである以上、当然ながら相手に合ったプレゼントでなければなりません。若い人に贈るのであれば若者に人気のあるプレゼントを選ぶ、逆にある程度年齢を重ねている人に贈るのであれば大人向けのプレゼントを選ぶ、というように、相手の年齢や性別から合ったプレゼントを選ぶ必要があります。意味を優先して相手に合わないプレゼントを贈ってしまっては、アクセサリーとして本末転倒であるといえるでしょう。

贈る相手との関係に見合った予算で選ぶ

プレゼントは安すぎても高すぎてもダメです。例えば恋人同士であった場合、安物のアクセサリーを贈ると、「私への愛はこんなものなの?」と受け取られてしまう可能性があります。金額が愛の大きさに直結するとはいいませんが、かといって愛があれば安物でも良いとはならないでしょう。逆に恋人でもない相手に高価な代物を贈られてしまっては、重いと感じる人が大半でしょう。

贈る相手が好きなデザインから選ぶ

自分が好きなものをプレゼントするのは一つの手ではありますが、相手に喜んでもらうためには、相手が好きなものをプレゼントするのが確実です。アクセサリーであれば身につける以上、デザインの良し悪しや好みは最重要といっても過言ではありません。また、デザインで選ぶ際には「相手に似合いそうなもの」を選ぶよりも、実際に相手がどんなデザインが好きであるかを聞いた方が良いでしょう。
 
また、アクセサリーとしてのお花も変わり種として良いでしょう。アクセサリーの中には、実際の花を加工して作ったものもあります。実物の花を身につけることができるため、デザイン性は抜群です。レジンなどを使ってある程度知識があれば自作できるため、自作アクセサリーとして贈ることも可能です。好きな花があるという方はもちろん、ナチュラルなデザインが好きという方へのプレゼントにもおすすめです。
 
ハンドメイドアクセサリーは相手の好みに合わせて作ることができ、世界に1つの作品になります。そして好みの色やデザインなどを確認してから作ると、より喜んでもらえるかもしれませんね。

贈る相手が好むブランドから選ぶ

アクセサリーにはブランドがあり、ブランドがある以上は人によって好みがあります。ブランドには一切興味が無く、気に入ったものを買っている人もいるでしょう。しかし、プレゼントを選ぶ前に好きなブランドがあるかどうかを確認しておくことで、とりあえず相手の好きなブランドから選ぶというように、アクセサリー選びの難易度が下がります。
 

エルメス(代表商品:コリエ・ド・シアン)

高級ブランドの一つといえばエルメス。そんなエルメスで人気のアクセサリーといえば、コリエ・ド・シアンやGlenanレザーブレスレットなどのブレスレット系が挙げられます。高級ブランドだけあってエルメスのアクセサリーは高いものの、Glenanレザーブレスレットは5万円程度で購入できます。

ティファニー(代表商品:エルサ・ペレッティ オープン ハート ペンダント)

同じく高級ブランドのティファニー。こちらはペンダントやネックレスなどが有名です。価格は安いものなら5万円程度から購入可能です。デザインとしてはシンプルなチェーンにエンドパーツのものが多く、ハートタグという名前の通り、ハート型のタグデザインのペンダントも存在します。

シャネル(代表商品:カメリアダイヤネックレス)

最後にシャネルですが、こちらも高級ブランドです。ダイヤネックレスやピアスが人気のアクセサリーで、ゴールドやシルバー系のアクセサリーが多い傾向にあります。シャネルのアクセサリーといえば、シャネルCCという、向きが逆のCを2つ重ねたようなデザインのものが、ピアスやネックレス、リングなど各種アクセサリーに存在しています。
 
シャネル(代表商品:カメリアダイヤネックレス)
 

誕生日プレゼントにアクセサリーを贈る際の注意点

最後に誕生日プレゼントにアクセサリーを贈る際の注意点について解説していきましょう。いくつかはプレゼント選びの際の注意点と共通する所もありますが、贈る際にも注意すべき点があります。
 

関係によっては重く感じられる

アクセサリーの意味を解説しましたが、基本的にアクセサリーは「束縛」の意味合いを持つものが多い傾向にあります。共通部分として輪状は「永遠」を示し、身につけるものであるため「一緒」とのニュアンスが強く、結果的に束縛的な愛を意味したものが多くなります。そのため、そこまで親しくない間柄の場合、どんなアクセサリーでも重く感じられる可能性があるため、注意しましょう。

アレルギーの有無を確認する

金属アレルギーなどが代表的ですが、肌に触れるアクセサリーは、贈る相手がアレルギーを持っているかどうかによって危険なものに変わってしまいます。特定の素材だけアレルギーがあったり、特定の部位だけ荒れやすいといった個人の体質もあるため、アクセサリーを選ぶ前にアレルギーの有無を確認しましょう。

相手好みのアクセサリーを選ぶ

デザインやブランドなど、上記で解説したように相手が欲しいものや好きなものを贈るようにしましょう。自分の好みや自分が似合うと思ったものを贈るのは、相手が気に入るかどうかが賭けのようになってしまうため、確実に喜んでもらえるように相手の好みに合わせましょう。

年齢や性別に合わないアクセサリーはNG

好み同様に、相手の年齢や性別に合わないアクセサリーも控えましょう。年齢や性別に合わなくても、本人が好きなデザインである可能性はあります。ただ、それを身につけた際にどうしても年齢や性別に合わないものである場合は浮いて見えるため、それを指摘されて相手が傷つく可能性も考えられます。注意しましょう。

すでに同じものを持っていないかチェックする

相手がすでに所有しているものをプレゼントしてしまうのは、相手も素直に喜べず、贈る側も困ります。とはいえ、友人関係で相手が所有しているアクセサリーを把握することは難しいため、「今持っているアクセサリー」を確認するよりも、「今欲しいアクセサリー」を確認した方が良いでしょう。

服に合わせやすいものがベスト

基本的にアクセサリーは、ファッションの一部として組み合わせるものです。そのため、アクセサリー単体で主張が強いものよりも、服と組み合わせやすいデザインの方が好まれます。目立つアクセサリーもそれを活かしたファッションなどで使えますが、自然に身につけられるアクセサリーの方が持て余すことなく使ってもらえるでしょう。

チープなアクセサリーは避ける

安物に限った話ではありませんが、チープなアクセサリーは避けた方が良いでしょう。チープなもの全てがナンセンスであるわけではないですが、基本的に誕生日プレゼントとして渡すのであれば、ある程度高級感があるようなものが喜ばれるでしょう。
 

まとめ

以上、友達や恋人の誕生日プレゼントにおすすめのアクセサリーについて解説しました。基本的にアクセサリーは束縛や恋愛的な意味合いが強いため、友人にプレゼントする際には相手に思い違いをされないように、正しく受け取ってもらえるような関係性であるかをきちんと把握した上で渡すようにしましょう。
 
また、アクセサリーを贈ると受け取り手が100%「束縛」など比較的ネガティブな意味を考えるわけではありません。気にしすぎずに、アクセサリーをプレゼントを選んでも良いかと思います。もしアクセサリーを贈る際に意味が気になるという方は、デザインやモチーフなどプレゼントしたいと思った理由を伝えるようにしましょう。どんな気持ちでアクセサリーを選んでくれたのかが伝われば、相手に勘違いさせることなく喜んでもらえると思いますよ。
 

 

著作者BIRTHDAY.GIFT
BIRTHDAY.GIFT編集部は「誕生日 きっとみんなが嬉しい日」をテーマに、誕生日に関する情報を独自に調査し、誕生日を彩る情報を発信しています。あなたの大切な人の誕生日が、サプライズや贈り物、感謝や感動で溢れますように。